【田村昌宏】24時間テレビの寄付金10年に渡り着服・実名報道するも顔写真はなし

アフィリエイト広告を利用しています

毎年存続の意義を問われている【24時間テレビ】ですが、日本テレビ系列局”日本海テレビ”の幹部社員が【24時間テレビ】の寄付金会社の売り上げを着服していたというニュースが報道され、SNSでは

懲戒解雇では生温い

24時間テレビは打ち切りにした方がいい

という声で【24時間テレビ】が一時トレンド入りしています

着服発覚の経緯や、犯人について、世間の声などについて、まとめたいと思います

スポンサーリンク

24時間テレビ寄付金着服事件の概要

ニュースが報道されたのは2023年11月28日の昼。

日本テレビ系列局【日本海テレビ】の幹部社員が、チャリティー番組【24時間テレビ】の寄付金など、1118万2575円を着服したとして、懲戒解雇されていたことが28日、わかった。

と報じられました。

日本海テレビ(鳥取県)を11月27日付で懲戒解雇となった、寄付金会社の売上を着服していたのは、日本海テレビの経営先着局の局長・田村昌宏(53)

田村昌宏元局長は、【24時間テレビ】の寄付金から264万6020円会社の売上金から853万6555円ものお金を、着服していました。

日本海テレビは、28日に鳥取警察署に被害届を出し、日本海テレビのHPで

『寄付金の着服は、一般の皆様から寄せられた善意を踏みにじって私服を肥やした行為。弊社は責任をもって保管すべき皆様の浄財が着服されるのを10年間、見落としてしまいました』

と、謝罪し、11月28日午後1時半頃、謝罪会見を開き【日本海テレビ】の会長・田口晃也たぐち あきや)氏は辞任する事を発表しました

事件が発覚した理由と使い道

田村昌宏元経営戦略局長は、10年間もの間、寄付金や会社の売上を自分の口座に移し、着服していきましたが、事件の発覚は本人からの自白でした。

そのきっかけは

会社の税務調査で着服が発覚し調査が入る事に怖くなり、自らの罪を報告した。

【24時間テレビ】の寄付金を着服しはじめたのは、2014年からで毎年20万円から30万円程度着服、コロナ禍で寄付金額が少なかった年の2年間はバレるのを恐れて、着服を控えたが、2023年には再び着服。

着服したお金は主に

  • 同僚や部下を引き連れ飲み代に(お会計ではワリカンではなく田村昌宏氏が多く支払う事がおおかった)
  • 趣味のスロット
  • 通帳に記載し、増えていくのがうれしかった

と報道で明らかになっています

田村昌宏はどんな人物なのか?実名で報道。顔写真は報道ナシ

報道では、実名報道する局が多いですが、顔写真は明らかにされていません

SNSでは、田村昌宏氏と思われる顔写真が出回っていますが、確かな情報ではありませんでした

しかし、今後、横領で逮捕となると顔写真が公表される事はあるかもしれません

では、田村昌宏氏はどのような人物だったのでしょうか?

1994年に日本海テレビに入社

東京支社本社営業推進部を経て、2014年に経理部次長、その後、経理部長となり、2022年に6月には総務局長兼経営計画部長となる

寄付金の着服は経理部次長となる2014年からとの事なので、経理部で役職についてすぐに着服が始まりました。

スポンサーリンク

事件発覚を受け、24時間テレビの打ち切りを望む声

年々、24時間テレビの継続は困難な状況にありました

その理由は

  • チャリティー番組なのに、出演者に高額のギャラが支払われている
  • 感動を狙った演出が多すぎる(ヤラセ)
  • 障害者や難病患者を利用している
  • 押しつけがましく感じる
  • ジャニーズが司会進行を独占している

などの理由の声が毎年大きくなっていました

そこに今回、寄付者の善意を踏みにじるような、寄付金の着服の発覚で、寄付金の管理の甘さや、その卑劣な行為に、信頼はガタ落ちです。

SNSでは、来年は寄付しないの声や、番組終了でいいとの意見、今回の着服以外にも過去の24時間テレビのスタッフの非常識な行為に不信の声が寄せられています

これまでにも、24時間テレビの終了を望む声に反応してこなかった【日本テレビ】ですが、今回は地方テレビ局の不祥事の1つで終わらせていい事件ではないです

寄付金の管理や、24時間テレビスタッフの対応、出演者の忖度など、そろそろハッキリさせる時ではないでしょうか

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました