冬ドラマ2024芦田愛菜出演【さよならマエストロ】新着情報まとめ

アフィリエイト広告を利用しています

2024年1月スタートの日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』で西島秀俊と芦田愛菜がW主演で演じる事が発表されましたね

芦田愛菜ちゃんが出演を決めるドラマや映画の役って、難しい役が多くて、見ごたえがある作品が多いですよね

読書家で自分の思いがはっきりとしている芦田愛菜ちゃんが出演を選択する作品はどれも見終わった後に考えさせられ、心に残る作品が多いです

今度の日曜劇場はどんな作品になるのか・・・

西島秀俊さんとのW主演で送る『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』の撮影情報やキャストなど、新しいドラマ情報を随時更新していきたいと思います

スポンサーリンク

日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』

夏目俊平(なつめ しゅんぺい)西島秀俊

20代の頃から海外で活動し、有名オーケストラと共演してきた天才指揮者の夏目俊平

音楽に対してはアパッシオナート(情熱的)に向き合ってきたが、音楽以外の能力は皆無で、家事は何一つできないポンコツ・超マイペース・天然男だった!

5年前に起きたある事件をきっかけに家族は夏目俊平の元を去り、音楽業界からも離れていたが、日本のとある地方の楽団の指揮を務めるために数十年ぶりに帰国する

音楽に対して一直線で、それ故に周りが見えなくなってしまい、家族や周りに迷惑をかけてしまう俊平。

しかし、本当は娘には有り余る愛をうまく伝えられない不器用な父親だった。

娘・響や家族から、全く相手にされない様子がコミカルに描かれ、実は愛情深い思いなどが胸に刺さったりと、ハートフルな作品になる予感。

夏目響(なつめ ひびき)芦田愛菜

夏目俊平の娘、夏目響は市役所に勤務する20歳の女性。

父親の俊平とは違い、音楽を嫌い、音楽のない人生を送っていたが、5年前のある事件をきっかけに完全に決別していたが、父親が帰国し、気まずい同居生活が始まる

5年前の事件をきっかけに、父親の俊平にキツく当たってしまい、父親に対して素直になり切れない頑固な響。

何とか娘と距離を縮めたい俊平とのコントのようなコミカルなシーンも見どころです

スポンサーリンク

ある事件とは?

音楽に情熱を注いできた天才指揮者の夏目俊平が、音楽を辞めるきっかけとなった5年前のある事件とは何なのか?

5年前のある事件は、娘・響の時間を止めてしまうほどの出来事だった

アパッシオナートとは?

聞きなれないワード、サブタイトルにもあるアパッシオナートとは、どういう意味なのでしょう?

アパッシオナートイタリア語appassionato

音楽の発送標語の1つ。『情熱的に』『激しく』の意味

オーケストラにも期待

ドラマの役どころがオーケストラの指揮者という事もあり、オーケストラシーンの監修東京音楽大学教授でもあり、日本クラシック界を牽引している世界的指揮者の広上淳一氏が関わり、

音楽シーンには、東京音楽大学が全面バックアップをする。

家族の止まった”時”を音楽を通じて再び動かしていく、重要なカギとなり、視聴者の心も動かしてくれるでしょ

スポンサーリンク

撮影情報・撮影秘話

すでに撮影は開始されているようで、撮影情報や目撃情報も話題になっています

『さよならマエストロ』の企画プロデューサーの東仲恵吾氏も、インタビューで

「撮影は始まったばかりですが、二人の芝居は(西島秀俊と芦田愛菜)ものすごい掛け合わせで想像以上のものになっています。」

と語っています

また他にも、脚本家の大島里美さんの書く台詞が、心が鷲掴みされて涙腺が緩みっぱなしと絶賛していてり、

西島秀俊氏も、脚本を読んで大島さんの繊細な感情に涙が出るほどと評価しています

今期の日曜劇場はハートフルな作品になりそうで、芦田愛菜ちゃん演じる響と、西島秀俊氏演じる夏目俊平との掛け合いも楽しみな作品となりそうです

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました