【最高の教師】第1話の感想・謎なぜ鵜久森叶はD組なのか(ネタバレあり)

アフィリエイト広告を利用しています

ドラマ

【最高の教師~1年後、私は生徒に■された~】ついにスタートしました

第1話からメッセージ性が強く、後半はまるでクライマックスのようでした

第1話で分かってきた内容と、謎について考察していきたいと思います

この記事は【最高の教師】第1話ディレクターズカット版の内容も含む、ネタバレがありますのでご注意ください

スポンサーリンク

【最高の教師~1年後、私は生徒に■された~】第1話のあらすじ

第1話は前半と後半で大きく異なる。

前半では、卒業式の日に九条里奈が上の渡り廊下から、下にいた卒業生を無感情にみていると、急に背中を押され下へ落ちて行った

九条里奈から見えたのは、卒業生が左腕につける、3年D組のリボンだけだった

『死にたくない』と思った直後、3年の始業式の日に戻ってきた

九条里奈は1年後、再び生徒に殺されない為に、生徒の不安や不満を取り除こうと

『生徒の為に何でもする』

と宣言する。

九条里奈は生徒に騙され、50万渡してしまうが、その事を知り、公園で打ちひしがれていたが、

このままじゃ、1年後自分は殺されると気づき自分の考えが甘かったことを自覚し、生徒を改心させることを強く誓う

そのための準備をし、監視カメラ・盗聴器を駆使して鵜久森叶のいじめを明らかにする

明らかになった事

第1話でさっそく明らかになった事がいくつかあるので、まとめて見ましょう。

鳳来高等学校の3年D組とは

鳳来高等学校の3年D組は、問題児ばかり固めて、掃き溜めクラスと呼ばれている

カースト上位グループのメンバーのファミレスでのシーンでは、掃き溜めクラスなんて「なめられてる」と怒りを覚えていて、九条里奈への報復を企てる。

鵜久森叶(うぐもり かなう)

1度目の世界では2023年5月23日から不登校になり、その後自殺している

今回では、ある趣味がSNSで話題になった。とだけ言いその趣味が何なのかについては一切語られなかった

カーストトップの西野美月が話しかけるようになる、内容との事で

今後の話の展開に重要なキーワードになる可能性も高い

相楽琉偉(さがら るい)

3年D組の中での影響力がある

瓜生陽介が九条里奈を騙して50万出させるシナリオを考えた。

鵜久森叶をいじめていた中心人物。

鵜久森叶との関係も今後明らかとなるか?

瓜生 陽介(うりゅう ようすけ)

1度目の世界では、転校していた。

転校の挨拶のシーンでは九条里奈の服装は半袖、生徒は半袖と長袖のシャツどちらもいた事から、1学期、もしくは2学期始め頃の事ではないか・・・

2度目の世界で「生徒の為に何でもする」と言った九条里奈に、家の借金の為に50万貸してくれと土下座して懇願し、九条里奈は1度目の転校は親の借金が原因だったことを初めて知る。

九条里奈を騙してお金を出させる事が目的だったので、転校した本当の理由は他にあるのかもしれない・・・

東風谷葵(こちや あおい)

東風谷葵が3年D組になった原因は、通院で授業を休んでいて、テストの点数は良かったのに内申がわるくD組行きとなった

今後の展開では、なぜ通院していたのか…などが明らかとなってくるのか

3年D組のカースト上位グループ

相楽琉偉・西野美月が力を持っているとみられるグループで

瓜生陽介・向坂俊二・迫田竜輝・江波美里・金澤優芽・生田やよい

の8名でつるんでいる

九条里奈を殺した犯人

犯人は3年D組の生徒30名の誰か…

とされているが第1話で2名が除外された

1人目は、鵜久森叶。

鵜久森叶は自殺しているので、1度目の世界では卒業式の時にはもういない。

2人目は瓜生陽介

3年の途中で転校しているので、卒業式の時にはD組の生徒ではなかった。

鵜久森 叶がいじめられた原因

ある趣味がSNSで話題となり、西野美月に話しかけられるようになるが

周りから段々と

「男子にこびてる」と言われるようになり

「うざい、キモイ」と言われるようになった

3年生の教科書を配られる時には、取り上げられ、マジックで悪口を書かれるまで発展していった

いじめられるようになったのは2年生の頃と予想できるが

1話のラストで九条里奈が、”月曜日一緒に行こう”と誘うと

”初めてしました。人と待ち合わせ”と返事をしていたので

それ以前にも友達がいなかったのではないか…

他にも問題を抱えている可能性もある

九条 里奈の離婚

1度目の人生では九条里奈は夫の九条蓮とは夏に離婚している。

4月21日には夫の九条蓮が記入した離婚届を九条里奈に渡す

実際にはテーブルの上に置いて出て行ったように見える。

始業式後の家のシーンでシチューを食べている夫・九条蓮にとの会話では離婚を考えているようには見えないやり取りだが、この時にはすでに離婚したいと考えていたのだろう

九条里奈は夫に対して「ホワイトシチューで白米食べるなんて人間じゃない」みたいな言い方をしていて、夫もそんな言われ方に不満を抱いていそうな感じだった

九条里奈は覚えていないようで、それに対して

今度、録音しとく」と返している

すこし冷めているようにも見えるけど・・・

このドラマでただ単純に夫婦間のすれ違いが離婚理由であるがずがない。

新たな疑問

九条里奈が50万で買ったものは何か

一度は瓜生陽介に渡した50万が帰ってきたが、未来を変えるために九条里奈がドン・キホーテで買った物はなんだったのか?

『23万650円』

で購入したのは、天井裏に取り付けたカメラ8台と盗聴器、電子錠だけだったのか…

あの癖のある3年D組を会心させていくのに、それだけで終わるはずがない。

残りの、約27万で何か別の物を買ったのではないか…

優等生の鵜久森 叶が3年D組になった理由

鳳来高等学校の3年D組は問題児が集まる掃き溜めクラス

九条里奈が鵜久森叶の事を「真面目な鵜久森さん」と言っていたので、素行が悪いとか、成績が悪いと言うのは考えにくい

いじめのきっかけにもなった、趣味が関係しているのではないか…

SNSで話題になったと言っていたので、鵜久森叶か鳳来高等学校が注目される出来事があり、要注意人物となり3年でD組に入る事になったのではないか・・・

スポンサーリンク

第1話振り返り

ドラマ前半では、九条里奈の生徒に寄り添い、何でも手伝い、お金まで渡す姿と、D組の生徒の陰険さにドラマを離脱しようか迷う視聴者も見られましたが、そこを乗り越え最後まで見たら…

芦田愛菜ちゃんの約5分間の長台詞のシーンは見ている人誰もが惹きつけられる圧巻の演技でした

第1話から、まるでクライマックスのようなラストで半信半疑で見始めた人も第2話への期待が膨らむ人が多かったですね

第2話の予告では瓜生陽介の問題と離婚の真相に近づきそうな予感…

コメント

タイトルとURLをコピーしました